令和3年(2021年)京都市はたちを祝う記念式典オフィシャルサイト

LET'S ENTRY

令和2年二十歳の誓い発表者の感想

トップページ  »  令和2年二十歳の誓い発表者の感想
 
令和2年 二十歳の誓い発表者吉川史也さんの感想令和2年 二十歳の誓い発表者吉川史也さんの感想

Q二十歳の誓いに応募されたきっかけは?

大勢の前で宣言し誓うことで,自分を大きく変えることができるのではないかと考え,応募しました。大学に入学し,目標を見出せずにいた自分にとって,成人式で話すということは大きな目標でもありました。
中高と人前で話す機会はありましたが,数千人の前で話すという貴重な経験がしたいという気持ちも大きかったです。

Q二十歳の誓いで発表されたい内容は決まっていましたか?

私は,中高時代からのモットー「普通じゃない,特別を」というテーマで話をしたいと考えていました。しかし,アナウンサーの先生のご指導もあり,最終的には大きく内容が変わりましたので,応募時点では内容よりも,やりたいという気持ち,熱が重要だと思います。

Q発表練習はいかがでしたか?

発音,発声練習から指導して頂き,これからの人生においても必要となる技能を指導して頂くことができました。また,言葉の奥深さを知り,伝え方,話し方について日常生活でも意識するようになりました。
何度も何度も同じ文章に向き合い,苦痛でもありましたが,それ以上に大きな成長がありました。

Q同年代の新成人に何を伝えたかったのですか?

「普通じゃない,特別」というモットー,そして,周りに合わせ素の自分を出せずに苦しんでいる人に向けてのメッセージを伝えました。

Q1万5千人の新成人代表として壇上で発表されて,何をお感じになられましたか?

練習の成果もあり,当日の発表は本当に楽しいものでした。
その後,疎遠になっていた小学校の友達から,発表内容にとても共感したと連絡が来てとても嬉しかったです。

Q将来はどんな大人になりたいですか?

将来はまさに,アナウンサーの先生に頂いた言葉「存在自体が表現となるような自分」になりたいと思います。また,誓った通り,「普通じゃない,特別」と胸を張って言えるような弁護士・政治に関する仕事につけるよう精進します。

Q令和3年京都市はたちを祝う記念式典に参加される新成人へメッセージをお願いします。

話すのが好きな人も,苦手な人も,自分を変える大きなチャンスです。たった1000文字に何カ月も向き合い,とことん納得が行くまで突き詰める。本当に大きな糧になります。発表後の自信と達成感を皆さんも味わってください。是非ご応募ください。


ページの先頭へ